お笑い芸人 ファッション 芸能人

シソンヌじろうのメガネブランド 私服・ファッション長谷川と比較

投稿日:

シソンヌ長谷川さんはファッション好きで、おしゃれですよね。一方でシソンヌじろうさんの私服はおしゃれなのでしょうか?またメガネのブランドはどこなのか調べて見ました。

スポンサードリンク

シソンヌじろうの私服 相方シソンヌ長谷川と比較

シソンヌじろうさんはよくボーダーのTシャツを着ているイメージですよね。めがねとよく似合っていると思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

斎藤慎二さん来てくださいました。ありがとうございます。

シソンヌ長谷川忍(@sissonne_hasegawa)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

町内会旅行の思い出のような1枚を福山城をバックに撮りました。#ぶちぶちシソンヌ

シソンヌ長谷川忍(@sissonne_hasegawa)がシェアした投稿 –

シソンヌじろうさんが着ているボーダーの服はセントジェームス のもので、かなり丈夫で7年も着れるそうです。洋服で何を着ようか迷うのが嫌だから、1つのものをいくつも持っているんですね。

まるでスティーブ・ジョブズです。

ちなみに、シソンヌライブでは、スティーブ・ジョブズの真似をしています。

シソンヌじろう着用セントジェームスはボーダー好きにオススメ

セントジェームスは様々な種類のボーダートップスを売っているので、自分好みのボーダーが見つかると思います。生地が厚手でしっかりしているので、長く着用できます。

シソンヌ長谷川さんは展示会や海外のサイトで服を買うことも多く、シュプリームやオフホワイトなどのブランドを着用されています。

シソンヌじろう シソンヌ長谷川のメガネブランドはどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

お鼻についちゃった😝 #愉快

シソンヌ長谷川忍(@sissonne_hasegawa)がシェアした投稿 –

こちらのシソンヌ長谷川さんがかけているメガネはマックスピティオンのものです。かなり主張の強いメガネですね

マックス・ピティオン メガネ マエストロ

ポンメガネ大宮での取り扱いブランドのマックスピティオンMAX PITTIONのものです。税込46,200円〜となっています。

シソンヌじろうのメガネブランド 私服・ファッション長谷川と比較

出典:https://www.ponmeganeweb.com/

 

シソンヌじろうさんは丸メガネをかけていることが多いのですが、どこのブランドのものかは情報が見つけられませんでした。最近は丸メガネが流行っていますね。シソンヌじろうさんもいくつか丸メガネを持っているようです。

スポンサードリンク

-お笑い芸人, ファッション, 芸能人

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

梶原ひかり 出演 映画 おすすめ 新宿スワン 冷たい熱帯魚

梶原ひかりの出演映画おすすめは新宿スワン・冷たい熱帯魚

女優として子役から活躍されている梶原ひかりさんの出演映画おすすめ作品の紹介です。今回は新宿スワンと冷たい熱帯魚の2作品のあらすじや見所、梶原ひかりさんの役所についてまとめてみました。

安達祐実風メイク コツ 眉毛 書き方 メイク道具 ブラシ

安達祐実風メイクのコツ!眉毛の書き方・メイク道具・ブラシを紹介

2020年現在38歳の安達祐実さんですが、歳を重ねるごとにどんどん美しさが増していますよね。童顔とういうこともありますが、とても38歳に見えないぐらい可愛いです。そんないつまでも可愛い安達祐実さんに憧 …

小松菜奈 菅田将暉 熱愛 馴れ初め 反応 結婚

小松菜奈と菅田将暉が熱愛!馴れ初めやみんなの反応・結婚はあるか

3月19日小松菜奈と菅田将暉の熱愛が発覚しましたね!きっかけとなった共演作品や、馴れ初めについて調べてみました!お似合いのカップルだと話題になっていますが、今回の熱愛発覚について菅田将暉ファンはどう思 …

安達祐実 旦那 桑島智輝 馴れ初め 略奪 再婚 テラハ出身

安達祐実の旦那・桑島智輝との馴れ初めは?略奪再婚・テラハ出身

奇跡の38歳として話題の安達祐実さんですが、童顔でいつまでも可愛らしい印象ですよね!安達祐実さんはスピードワゴンの井戸田潤さんと離婚してから、写真家の桑島智輝さんと再婚されました。今回は再婚相手の桑島 …

三浦春馬の代表作ドラマ&映画もう一度見たいおすすめ20選

三浦春馬の代表作ドラマ&映画もう一度見たいおすすめ20選

30歳という若さで命を絶ってしまった俳優の三浦春馬さん。多くのドラマや映画に出演し、俳優として活躍されてきました。もうその演技が見られないと思うと悲しいですが、彼が残した代表作品を振り返りましょう。 …